小学生の頃、そろばん教室に通っていましたの詳細について

郵便局のかんぽ生命の新学資保険は損?失敗しないこども保険選び

トップページ > 小学生の頃、そろばん教室に通っていました
小学生の頃、そろばん教室に通っていました

"私は小学4年生の10歳の頃、そろばんを習っていました。

クラスの数人がそのそろばん教室に通っていて、一人増え、二人増えしているうちにどんどんと増え始め、私も友達が通うからと、安易な理由で始めてしまったのでした。

家からそろばん教室までは、自転車で10分程度のところでしたが、冬場雪が降った日などは、20分ぐらいかけて歩いて行っていました。

そろばん教室は女性の年配の先生が一人で運営されていて、教室内は段所有者から順に、十級ぐらいまで名前が書かれた札が、壁にずらっと貼られていました。

毎週土曜日に行なわれるテストに合格すると、昇級できるのですが、札の位が友達よりも上がると、嬉しくて仕方がありませんでした。

私は約10ヶ月ほどで、5級まで進みましたが、だんだんと休むようになってしまいました。

そろばん教室の近くに住む友達の家で遊んだり、他の友達たちと外で野球したりと、遊びに夢中になっていったのでした。

一度さぼり癖がつくと、あとはどうにも止められないもので、私は約1年後には辞めてしまいました。

自分の子供たちにも日頃、継続する大切さを教えたりしているのですが、続けられない気持ちも、こんな経験からよくわかります。"

Copyright © 2011 郵便局のかんぽ生命の新学資保険は損?失敗しないこども保険選び . All rights reserved